軽やかボディ計画

  • デーツ酢で基礎代謝がアップする

    何もせずじっとしている時でも、体は生命活動を維持するために、心拍や呼吸・体温の維持を行っています。基礎代謝(きそたいしゃ)はこれらの活動で消費される必要最小限のエネルギー量のことです。基礎代謝は通常10代をピークに加齢とともに低下します。また、体の組成すなわち筋肉と脂肪の比率も基礎代謝量に大きく影響します。
    基礎代謝を上げると、運動していない時でも消費するエネルギーが増えるので、太りにくくなります。デーツ酢には、筋肉の収縮を促し、エネルギー代謝を促進してくれるマグネシウムがたっぷり含まれています。

    身体活動とエネルギー代謝 厚生労働省「e-ヘルスネット」より
  • クエン酸サイクル活性化で、
    免疫機能パワーアップ

    デーツ酢は、摂取するタイミングによって、体への働きが変わります。軽やかボディをめざす方には、ぜひ食後のデーツ酢をおすすめします。デーツ酢に含まれる酢酸が細胞内でエネルギーを作るクエン酸回路を活発にし、糖質の代謝を高めてくれます。その結果、血糖値の急激な上昇を防ぎ、食べたものが体内でゆっくり吸収されるようになるのです。高血圧や食べ過ぎが気になる方は、食後のデーツ酢を毎日の習慣にしてください。

  • 運動をプラスして、さらに代謝アップ!

    肥満の2大要因は、(当然のことながら)食べ過ぎと運動不足ですが、日本人の過去10年のエネルギー平均摂取量はほぼ変わりありません。にもかかわらず、肥満の人が増えているということは、運動不足の影響が大きいと考えられます。ダイエットといえば、運動よりも食事制限が重視されがちですが、肥満の予防や解消には、運動が同じくらい大切です。運動には、エネルギーを消費することはもちろん、カラダに筋肉がつくことで基礎代謝量が上がり、体脂肪が燃えやすくなる、という効果もあるのです。

めぐみの果実 デーツの酢 お試しご購入(送料無料)

骨太ライフ

  • カルシウムが不足すると骨がもろくなる!

    カルシウムは、骨や歯を作る以外にも筋肉や血にも含まれ、体を健康に保つために様々な働きをしています。1日に必要なカルシウムの摂取量は6.50mgですが、不足すると骨に蓄えられたカルシウムが自動的に溶け出し、骨がもろくなってしまいます。牛乳などの乳製品、豆腐などの大豆製品、骨ごと食べられる小魚やひじき・わかめなどの海藻類、小松菜やチンゲンサイなどの緑黄色野菜にはカルシウムが多く含まれています。食事の中に、積極的に取り入れましょう。

  • 食事中のデーツ酢で
    カルシウムの吸収アップ!

    腸におけるカルシウムの吸収を助けるのが、ビタミンDです。
    しかし、ビタミンDは、紫外線に当たらなければうまくカルシウムを吸収することができません。でも、あまり紫外線を浴びたくないという方におすすめしたいのが、食事中のデーツ酢。小腸の中でカルシウムの吸収を促してくれるので、より効果的にカルシウムを摂取できます。

  • カルシウムと同時にミネラルの補給も大切

    カルシウムとともに骨や歯を作るのが、リンやマグネシウムなどのミネラルです。
    骨を丈夫にするには、カルシウム:リン:マグネシウムを2:2:1の比率で摂取することが理想的です。リンはさまざまな食品に含まれているため、普段の食生活で充分に補えます。理想のバランスを保つためには、もっと積極的にカルシウムやマグネシウムを摂取しなければなりません。

めぐみの果実 デーツの酢 お試しご購入(送料無料)

カラダリセット! 毎日すっきり!

  • 便秘解消でお腹すっきり

    マグネシウムには、もうひとつうれしい働きがあります。
    それは、体内の水分を腸に集める働きがあることです。
    腸に残っている宿便に適度な水分を与えるため、体外に排出しやすくなります。便秘になりやすい方は是非お試しください。

  • 正しい水分補給で
    ドロドロ血液やむくみを解消

    汗と一緒にミネラル分が排出されると、体内のミネラルバランスが崩れて疲れを感じやすくなります。体内の水分が減ることで血液の濃度が高まり、脳卒中や心筋梗塞の原因にもなりかねません。さらに、塩分(ナトリウム)を排出するカリウムが不足すると、ナトリウム過多になり腎臓に負担をかけ、むくみの原因にも。汗をかいたら充分な水分補給をするのはもちろん、カリウムをしっかり補給しましょう。
    デーツ酢には、カリウムをはじめとするミネラルがたっぷり含まれています。

めぐみの果実 デーツの酢 お試しご購入(送料無料)

果糖の話

「めぐみの果実 デーツの酢」は100%天然果糖、砂糖は使用していません。

「デーツの酢」の甘さは、砂糖の甘さではなくデーツ本来の甘さ"果糖"によるものです。果糖とは、ハチミツやフルーツ、野菜などに含まれる天然の糖のことです。もともと自然界(フルーツや野菜の中)に存在するものなので、体内で無理なく吸収されます。よって、急激な血糖値の上昇もありません。さらに、すみやかにエネルギー化できるため、疲労回復には効果的です。果糖は砂糖の約1.3倍の甘味がありますが、甘ったるくなく非常にキレがよく、そのさわやかさが特徴です。だから、デーツ酢の後味はすっきりしているのです。果糖は砂糖とは違い、単に甘味をつけるのではなく、その元となるフルーツなどに含まれる栄養も一緒に加わるのでカラダにとっても優しい甘みといえるでしょう。つまり、デーツ酢の甘さはミネラルやビタミンが果糖と相まって栄養素がたっぷり詰まった深みのある甘さということです。

  • 私達がデーツに拘る理由

    オタフクソースが「お好みソース」の原料にデーツを使い始めたのは、昭和50(1975)年。約40年前のことです。なぜデーツを使い始めたのかというと、当時の経済危機(オイルショック)の影響で砂糖の価格が高騰したので、何か代わりになるものはないだろうか…と探し求めた結果でした。自然の甘みでコクと旨みがあるデーツはソースの原料にピッタリだったのです。それから40年変わらず、オタフクソースではデーツを使い続けています。1991年に中東で勃発した湾岸戦争の際には、デーツの供給がストップして「お好みソースが食べられなくなる?」と話題になったこともあります(安心してください、本当はそんなことありませんよ)。オタフクソースの始まりはお酢の製造でした。もてる醸造技術とデーツを融合させ誕生した商品が「めぐみの果実 デーツの酢」です。

アレンジレシピ

  • 黒酢豚

    晩ご飯に一品黒酢豚

  • ヨーグルト+デーツの酢

    野菜と一緒にデーツ酢ドレッシング

  • デーツ酢ドレッシング

    飲料酢が苦手な人はヨーグルト+デーツの酢

  • 紅茶+デーツの酢

    からだの芯から温まる紅茶+デーツの酢

ページ上部へ移動する